やわらぎにご来院いただき、ありがとうございます。

院主の「やわらぎ」が思いのままに日々雑感を綴る日記風コラムです。
毎日とはいきませんが、時々更新しますので、お付き合い下さいね。
みなさんのご意見、ご感想など是非お便りを寄せてください。頂いたメールはご紹介させていただくこともございます。
メールは、こちらからどうぞ!!

文字が読みづらい方は、こちらの「やわらぎ日和(テキスト版)」 をご覧下さい。



謹賀新年 2018 2018年01月01日(月)  No.102
 
謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

昨年中も、いろいろとお世話になり有難うございました。
本年もどうぞよろしくお願いします。

比較的穏やかな昨年とはうって変わって、年明けから冷え込みが厳しくなりました。
記録的な大寒波とのことで、大雪による被害も沢山発生しているようです。
被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。

それに比べこちらは寒いとはいえ、積もるほどの雪も降らず助かっています。
しかしながら、まだ1月、寒さはこれから本番です。
皆様、防寒対策等々しっかり用心されますようにお願いします。

急な冷え込みのせいで、病気や事故等も急増しています。
その中でも「虚血性心疾患」という病名をテレビ等でもこのところよく耳にします。
わかりにくい名称ですが、要は心臓周りの血流が悪くなり、心臓に障害が起こる疾患の総称です。
具体的には、「心筋梗塞」や「狭心症」等が多いと思われます。

近年、「ヒートショック」という言葉も耳にされることが多いと思いますが。
急激な温度差は血管に負担をかけ、人体に様々な悪影響をもたらします。
先に書きました「虚血性心疾患」もこのヒートショックによるものが多いようです。
寒暖差が大きいこの時期に起こりやすくなりますので、くれぐれもご注意願います。
特に高齢の方々におかれましては、少しの寒暖差が大きく影響しますので、どうぞ油断されませんように。

また、これからインフルエンザの流行も予想されます。
体調管理にお気遣いいただき、どうぞ無事にお過ごしください。

今年もまた皆様のご健康と幸福をお祈りしております。

感謝

平成30年  1月 1日



やわらぎの杜にご訪問いただき、ありがとうございます。

こちらでは杜に集うお仲間がそれぞれの庵(いおり)で素敵なお話を披露致し ます。不定期で更新しますので、どうぞ、お見逃しなく。
尚、このコーナーへのご感想や、コラムニストへのお便りはこちらからどうぞ。



細い根がしっかり地面の下に張っていれば、樹木はしっかりと育ちます。
人生とはいろいろな人の人生を訪ねる旅。自分がこれまで知り合った素晴しい人々、その人生をご紹介しながら、共に細い根を伸ばして戴けたら幸いです。
文: 山口 正孝(サム)
 


四人の子持ちになった三太郎。助産院で奥さんの胎盤を食べさせられてから人生がはじけたようです。「お蔭様で」を口癖に、素直で自然な生き方の三太郎が繰 り広げる、涙あり笑あり(ちょっとH?も)のずっこけ人生日記。心の師匠、塩梅先生が応援します。
文: 中居三太郎と塩梅先生
 

臨床検査所で、日々、バイ菌達と格闘。仕事に追われながらも、お気楽道を究めようと迷走するぽちのおもしろくせつない雑記録です。暖かいご声援をお願いし ますね。
文:田中 保知(ぽち)
 


中国茶にハマり、自分でお店をやりたい!という一心で会社まで辞めてしまった私、あっこが、台湾・中国で体験した事やお茶の話をぽつぽつとしていきたいと 思います。よろしくお付き合い下さいね。
文: 鏡味 伽織(あっこ)
 

 
   
「刺さないから痛くない、赤ちゃんでも安心なやさしい はり治療」
鍼を刺さなれけば効き目がな い、刺激が強い(痛い)ほど良く効く、などという考えは誤解です。
やわらぎの漢方はり治療は、経絡治療という流儀を主体にしています。
これは、身体の一部に刺激を与えて反射作用を促すような刺激療法とはまったく異なる理論に基づく古典的な鍼術ですから、強い刺激や痛みを伴うことはありま せん。

「鍼灸院は身近な総合病院」
その昔、今で言う西洋医学が 未発達であった頃、中国や日本ではどんな病気でも鍼灸や漢方薬を用いて治療をしていました。言ってみれば、鍼灸院は身近な総合病院ですね。決して、肩凝り や腰痛など外科的なケアをするだけのところではないんですよ。
WHO発布による「鍼灸適応表」などからもわかるように、実に様々な症状や病気に対応しています。もちろん、そちらに表記されているだけが全てではありま せん。きっとみなさんがお悩みになっている病状などについても解決する糸口は必ず見つかるはずです。

「未病(みびょう)を治(ち)して、病気になりにくい体質づくり」
鍼に限らず、東洋医学は本 来、養生、予防の為の医学です。
「未病(みびょう)を治(ち)す」と言いますが、ストレスや様々な要因により体内に発生する、ちょっとした歪みを解消することによって、病に至るのを未然 に防ぐことが大事です。
ちょっとした異常や不快感を感じたときのケア、疲れたときのリラクゼーションとしても、また普段からの健康維持管理から根本的な体質改善にまで幅広く漢方 はり治療はお役に立ちます。以下にあるものは、特に当院でお奨めする鍼治療です。
●小児のはり:夜 泣き、かんむし等、小児神経症の緩和に
●婦人のはり:生理不順や生理痛など女 性特有の症状の改善に
●子宝のはり:不妊・不育症の改善、 「ふわふわなベッド」作りに
●安産のはり:妊娠中のつらい諸症状の 軽減、安産を迎える養生に
●目鼻のはり:「花粉症」特有のつらい 鼻水や目のかゆみに
●痩身のはり:耳のツボで食欲を抑え て、無理のないダイエットに
 
 
管理人からのご案内:

このサイトは、スタイルシート(CSS)を使用しております。
その為、ご使用のブラウザによっては文字の大きさの変更ができない場合がございます。その場合、オプション設定でスタイルシートへの対応を解除していただ ければ、変更が可能となります。文字の拡大表示をご希望される場合は、お手数ですが、設定を変更してご覧戴けますようお願いします。
また、操作方法がわからない場合は、こちらからお問い合わせ下さい。

本サイト最下段に掲載のメールアドレスはセキュリティの為、全角文字で表示しております。
送信の際は、半角文字でタイプし直してご送信願います。
尚、yahooメール、hotmail等々のフリーメールアドレスをご利用の場合、サーバーの迷惑メール対策フィルタ等のシステムにより、受信拒否、削除 されてしまうことがあります。
それらのメールアドレスを送信元アドレスとしてご使用される場合はお手数ですが、本サイトウエブメールシステム「やわらぎぽすと」をご利用下さいますようお願いします。

●New: 重要なお知らせ

「やわらぎぽすと」及び「おともだち掲示板」のご利用にはパスワードによる認証が必要です。

度重なるスパムメールへの対策として、やむを得ず、アクセス制限を設けさせて戴きました。
皆様にはお手数をおかけし申し訳ありませんが、ご理解、ご協力のほどお願いします。
また他に良い方策が見かり次第、改良させて戴きますので、当面はこちらの方式でお願いします。

「やわらぎぼすと」または「おともだち掲示板」のアイコンをクリックすると認証画面が現れます。
その際、このすぐ下にあるバナー画像の中に表示されておりますキーワードをご入力下さい。
入力欄はユーザー名(名前)とパスワードの2カ所ありますが、全く同じキーワードをそれぞれの欄へ 半角英数字 にてご入力下さい。

本日のキーワード

鍼灸についてのご質問、健康や悩み相談などはもちろ ん、このサイトへのご意見・ご感想などもこちらからどうぞ。 こちらは皆さんの歓談室です。初めての方も気軽に書き 込みして下さいね。尚、未承諾広告宣伝の類はお断り致します。
はり院やわらぎ&漢方はり治療とは?初めての方はこちらからどう ぞ
鍼灸に関する質問と回答例。お問い合わせ戴く前にこちらをご覧下 さい
やわらぎとご縁のあるサイトをご紹介させていただきます
◆連載コラム:[やわらぎ日和][良樹細根][それでええがね] [ぽちの雑記帳][茶ぃなたいむ
〒496-0901 愛知県愛西市佐屋町堤西12-13
電話:0567-27-0315
eMail:post@yawaragi.info